箸袋(はしぶくろ) 

    消しゴムはんこで作った 箸袋(はしぶくろ)

  

          酉年を寿ぐ(4種一組) 

    
hashioki 01

                                                                                                                                        
     
         高山に咲く花(3種一組)
   
     
hashioki 003

          角力の図(3種一組)
     
hashioki 002


   「よかったら、お使いください」
       とお世話になった人に渡す箸袋。
   今年も作りました。
 

   ・ 台紙は、東急ハンズで求めたミューズ紙を
             あらかじめ計測・採寸した 大きさにナイフで
     カット。

   ・ 版や印は、消しゴムで彫り、カラースタンプ
            で押印。
      箸はパッケージプラザ尾張旭店で求めたお
             値打ち品。

   年賀状を書くよりも、採寸・裁断・折り・のり付け・
        乾かしなど手間は少なくないけれど、楽しい作業
       でありました。

   なぜなら
        きっと笑顔で使ってもらえるだろうと思えるから。




   それにしても、来年が佳い年であるように…。

   何やら危うい空気のだだよう気配の昨今なれば
   心底そう願う。 
    

   

DVD 黒猫・白猫 ☆☆☆☆

■ CHAT NOIR, CHAT BLANC 1998年
  フランス/ドイツ/ユーゴスラビア 129分
            (レンタル・TSUTAYA)

■ 監督 エミール・クストリッツァ
■ 脚本 ゴルダン・ミヒッチ
■ 撮影 ティエリー・アルボガスト
■ 出演 バイラム・セヴェルジャン
       スルジャン・トドロヴィッチ

161216.png

延々と猥雑な喜劇で語る胆力ある映画の魅力。


「アンダーグラウンド」(95年)で歴史の悲喜劇を
大胆な手法で描いた監督クリストリッツァ。

日本の猥雑喜劇作家の雄として名を知らしめた
森崎東もびっくりの陽気な爆発喜劇の登場だ。

自堕落な父親や横暴な兄貴から若者を救うのは
面妖なおじいちゃんたちだった!というお話。

「子供たち! 楽しい旅をしろ」
その声は未来を歩む者に心強く響く。


DVD エディ・コイルの友人たち ☆☆☆☆

THE FRIENDS OF EDDIE COYL
  1973年 アメリカ 102分 米TV放映 (劇場未公開)
                                                       ( 購入 Amazon)

■ 監督 ピーター・イエーツ
■ 原作 ジョージ・ヒギンズ
■ 脚本 ポール・モナシュ
■ 撮影 ヴィクター・ケンパー
■ 音楽 ディヴ・グルーシン
■ 出演 ロバート・ミッチャム
       ピーター・ボイル
 
161208.jpg



友人たちの用心深さと打算がノワールフィルムの傑作を産む


「ブリッド」を軽々と超え、「大列車強盗団」をはるかに凌ぐ

イエーツ監督の劇場未公開の必見作!

この作品のような映画をハードボイルド映画と称するのだ。



未見の方は、ぜひご覧あれ。

(最近ではレンタルショップで借りられるようになりましたし…)


大森寺の紅葉

 2016年12月3日

      大森寺(名古屋・守山)

大森寺01



大森寺03

大森寺02






DVD 大列車強盗団 ☆☆☆

■ ROBBERY(原題「強盗」) 1967年 イギリス 114分
                        (レンタル GEO)
■ 監督 ピーター・イエーツ
■ 原案 ジェラルド・ウィルソン
■ 脚本 エドワード・ボイド
          ピーター・イエーツ
        ジョージ・マークスタイン
■ 撮影 ダグラス・スローカム
■ 音楽 ジョニー・キーティング
■ 出演 スタンリー・ベイカー
        ジェームズ・ブース

1611272.jpg

ピーター・イエーツと言えば、「ブリット」(68)の監督だ。
その1年前の作品が「大列車強盗団」である。


被害額30億円。
イギリスで実際に起きた列車からの強奪事件。

こんな方法で本当に大金が手に入るのか知らん。
しかし、事実は小説より奇なり。

2時間近い長さだが、全編が歯切れのよいタッチで描かれる。

この手腕を買われて、イエーツはアメリカで「ブリット」を撮るこ
とになったのだそうだ。



映画 彷徨える河 ☆☆☆☆

■ EL ABRAZO DE LA SERPIENTE (原題「蛇の抱擁」)
   2015年 コロンビア/ベネズエラ/アルゼンチン 124分
                    (名古屋シネマテーク)
■ 監督 シーロ・ゲーラ
■ 脚本 シーロ・ゲーラ
■ 撮影 ダビド・ガイェゴ
■ 出演 ニルビオ・トーレス
      アントニオ・ボリバル・サルバドール

161202.jpg


異郷を流離うモノクロームの映像が圧倒的だ。


未だこのような地が地球上にあるのか。

文明とは何か。

未開とは何か。

カラマカテの肉体。


わたしたちは蛇でもジャガーでもなく

人間でもないのかも知れぬ。


今年観た映画の中の抜群の映像!