映画 パリ3区の遺産相続人 ☆☆☆

■  MY OLD LADY  2014年 アメリカ/イギリス/フランス 107分
                    (センチュリーシネマ)
■ 原作・脚本・監督 イスラエル・ホロヴィッツ
■ 撮影 ミッシェル・アマテュー
■ 音楽 マーク・オートン
■ 出演 ケヴィン・クライン  マギー・スミス  
       クリスティン・スコット・トーマス

1511301.jpg

邦題からは謎めいたストーリーのような印象を
受けるが、最初のシークエンスが始まるとコミ
カルな内容だと知れる。
しかし、ところがどっこいの内容であった。
(未見の人のためこれ以上は書かない)

監督は製作の2014年時点で75歳。
本作が長編映画デビュー作だそうだ。
脚本家としては「いちご白書」などを書くなど
長いキャリアがある人らしい。

この映画のよさは、脚本よりも主俳優たちの
演技にある。ちょっと舞台劇のように誇張され
た言動なのだが、重いテーマとバランスをとる
にはそれも悪くはなく、私はそれを好ましいと
思った。

それにしても、親とは何とも罪作りな存在で
あることか。

        

DVD 霧の中の風景 ☆☆☆☆

■ TOPIO STIN OMICHLI 1988年 ギリシャ/フランス 125分
■ 原案・監督 テオ・アンゲロプロス
■ 脚本 テオ・アンゲロプロス トニーノ・グエッラ
       タナシス・ヴァルニティス   
■ 撮影 ジョルゴス・アルヴァニティス
■ 音楽 エレニ・カラインドロウ

151129.jpg


テオ・アンゲロプロスの長編第七作目。

姉弟のドイツへの旅。

変わりゆく社会。

試練多き世界。

私たちはたぶん、今も霧の中の風景を歩いている。


映画 007 スペクター ☆☆

■ SPECTRE イギリス/アメリカ 2015年 148分
      (ミッドランドシネマ名古屋空港) 
■ 監督 サム・メンデス
■ 脚本 ジョン・ローガン ニール・パーヴィス 
       ロバート・ウェイド ジェズ・バターワース
■ 撮影 ホイテ・ヴァン・ホイテマ
■ 音楽 トーマス・ニューマン
■ 出演 ダニエル・クレイグ  

151127.jpg 

活劇の面白さを期待したのが間違いだったのか。

多くの資本とスタッフを投入し、先行上映という鳴り物
入りの封切りだったが、映画は弾んでいなかった。
(148分でなく、90分以内の映画で十分だ)

その一因は、今回の筋立てがボンドの出自や過去の
殺しに関わっていることにある。内省的なボンドの姿
など私は見たくなかった。活劇の主人公に懊悩は似
合わない。
だから、美女と抱き合う彼の表情にも歓びは薄く、ハ
イテクスポーツカーを駆り、額にしわを寄せながら組
織の防衛に腐心しているだけのスパイという印象を
受けた。
もちろん映画が弾まない他の要因として、世界で起き
る現実の事件の方が映画を超えていたり、諜報活動
が電子情報戦にと変化しているなど様々あるだろう。

でも、ボンドはあくまでも、身体で判断する非情な暗殺
者でなくてはいけない。

そうでなかったら、「007映画」は終わり?

映画 恋人たち ☆☆☆☆

■ 2015年 日本 140分 (ミリオン座)
■ 脚本・監督 橋口亮輔
■ 撮影 上野彰吾
■ 音楽 明星/Akeboshi
■ 出演 篠原篤 成嶋瞳子 池田良
151126.jpg

生活することのどう仕様も無さをきちんと描き切る
橋口の脚本、演出は尋常ではない。
これを鬼気迫るというのだろう。

登場人物の全員が生きている。生活している。
観る者をスクリーン釘付けにするほどの、今年の
日本映画の大きな収穫となる作品だ。


DVD 恋人たち ☆☆☆☆

■ LES AMANTS 1958年 フランス 89分
■ 監督 ルイ・マル
■ 原作 ドミニク・ヴィヴィァン
■ 脚本 ルイ・マル ルイ・ド・ヴィルモラン
■ 撮影 アンリ・ドカエ
■ 音楽 ヨハネス・ブラームス
■ 主演 ジャンヌ・モロー

151124.jpg 

恋することに恋している人間のときめきと不安。

ドカエのモノクロール撮影が信じられないほど美しい。
30歳頃のジャンヌ・モローはとても謎めいた女が似合い
26歳のルイ・マルの早熟と成熟の才能が同時に開花し
ているようなフィルム。

当時これを観た映画人らは、若い才能に恐れと嫉妬を
覚えたのではないだろうか。

DVD いとこ同志 ☆☆☆☆

■ LES COUSINS 1959年 フランス 110分  
■ 監督 製作 脚本 クロード・シャブロル 
■ 撮影 アンリ・ドカエ
■ 音楽 ポール・ミスラキ
■ 出演 ジェラール・ブラン ジャン=クロード・ブリアリ

151121.jpg 

お気に入りの監督の一人であるシャブロル
「いとこ同志」DVDをレンタルショップで見付けた。
1959年に発表されたこの映画は、ヌーベルバー
グの先駆的なフィルムとして評価されている作品だ。

初見。
29歳の若さでこのような映画を創るとは!
56年前にこれほどの自由なカメラワーク。
パンの多用。そしてアンニュイの漂う映像。

当時のフランスで誕生した若き映画の旗手たち!
1958年に26歳のルイ・マルが「死刑台のエレベー
ター」を世に出し、59年に27歳のトリュフォーが「大
人は判ってくれない」を発表し、60年に30歳でゴダ
ールが「勝手にしゃがれ」を公開。
同じ時代の波の上に「いとこ同志」も生まれた。

これまで私が観たシャブロル作品は、7本。
DVD「
主婦マリーがしたこと」(1988年)
DVD「
沈黙の女」(1995年)
映画「
最後の賭け」(1998年)
映画「
甘い罠」(2000年)
映画「
悪の華」(2003年)
映画「
引き裂かれた女」(2007年)
映画「
刑事ベラミー」(2009年)

どれも凄みのあるフィルムだったが、
その凄さの兆しはすでに初期にあっ
たのだ。


映画 ベトナムの風に吹かれて ☆☆

■  2015年 114分 (名演小劇場)
■ 監督 大森一樹
■ 原作 小松みゆき
■ 脚本 大森一樹 北里宇一郎
■ 撮影 斎藤幸一
■ 出演 松坂慶子 草村礼子

151120.jpg

人情味あふれるベトナムの人たちの中で
認知症の老母の世話をしようとする娘。
松坂慶子の演じる娘は、行動力と明るさで
小さな困難を乗り切っていく。その様子が
観る者を心地よくさせる。

ベトナムの戦争の傷痕、若き日々の恋心、
親の介護などを織り交ぜながら、映画は綴
られる。

年配の観客をほろりとさせるフィルムだが
若い観客は、この映画から何かを感じ取
ることがあるだろうか。


DVD エル・スール ☆☆☆☆

■ EL SUR(南) 1982年 スペイン/フランス 95分
■ 監督 ヴィクトル・エリセ
■ 原作  アデライーダ・ガルシア・モラレス
■ 
脚本 ヴィクトル・エリセ 
■ 撮影 ホセ・ルイス・アルカイネ
■ 音楽 ヴィクトル・エリセ

 151117.jpg
 

このような映画があったのか!

必見の一編。

監督ヴィクトル・エリセによる完璧で神秘的な映画。

DVD 蜂の旅人 ☆☆

■ O MELISSOKOMOS 1986年 ギリシャ/フランス/イタリア 122分
■ 監督 テオ・アンゲロプロス
■ 脚本 テオ・アンゲロプロス ディミトラス・ノラス 
        トニーノ・グエッラ 
■ 撮影 ヨルゴス・アルヴァニティス
■ 音楽 エレニ・カラインドロウ

151113.jpg

老いたスピロ。
深い孤独感を抱く男。
若い頃に希求した社会は実現しなかった。
ゲリラとして銃をとったはずなのに。

馴染めない社会。戸惑うばかりの現在。
だから蜂箱を連れて彷徨する他に術はない。

同胞として共闘した友と再会する海岸。
海は変わったのか。変わっていないのか。
そのシーンの痛切が観客の胸に突き刺さる。
   

映画 エール! ☆☆☆

■ LA FAMILLE BELIER 2014年 フランス 105分
                     (ミリオン座)
 
■ 監督 エリック・ラルティゴ
■ 脚本 ヴィクトリア・ベドス スタニスラス・キャレ・ドゥ・マルベリ 
       エリック・ラルティゴ トマ・ビデガン
■ 撮影 ロマン・ヴァンダン
■ 
音楽 エフゲニー・ガルペリン
         サーシャ・ガルペリン

151112.jpg 

月に東京で行われた「フランス映画祭2015」の
オープニング作品で、観客賞を受けたそうである。

巧みな脚本で、俳優も上手く、テンポのよい演出。
とりわけ、心地よいストーリーが多くの観客に支持
される所以だろう。

日本映画では湿っぽい話に陥りがちだが、いかに
も欧州らしいユーモアと、ボディランゲージとを生か
した映画で、楽しい雰囲気がいい。

DVD ミツバチのささやき ☆☆☆☆

■ EL ESPIRITU DE LA COLMENA 1973年 スペイン 99分
■ 原案 監督 ヴィクトル・エリセ
■ 脚本 アンヘル・フェルナンデス=サントス ヴィクトル・エリセ
■ 撮影 ルイス・クアドラド

151111.jpg

1940年。
スペインカスティリャ地方の片田舎。
父、母、姉、6歳の少女アナ。

端正で、生々しく、そしてナイーブな映像で語られる
家族の風景。

スペイン内戦の落とした影。
アナが小屋で見た怪物は蜂の巣の精霊だったのか。

この作品も映画館で観たい。



映画 アクトレス~女たちの舞台~ ☆☆☆

■ SILS MARIA 原題「シルス・マリア」
   2014年 フランス/ドイツ/スイス 124分(センチュリーシネマ)
■ 監督 オリヴィエ・アサイヤス
■ 脚本 オリヴィエ・アサイヤス
■ 撮影 ヨリック・ル・ソー
■ 出演 ジュリエット・ビノシュ  クリステン・スチュワート 
       クロエ・グレース・モレッツ


151110.jpg 

マローヤ峠を這うように流れる雲の動き。
それは、時の流れ。
かっては美しかった肉体に老いの影がしのび寄る。
輝いていた若い頃の自分は今や過去。

ジュリエット・ビノシュならではの演技が素晴らしく
ラストの静かな眼差しの美しさは、言葉で言い表
しがたい成熟さを感じさせる。

映画  エベレスト 3D ☆☆

■ EVEREST 2015年 アメリカ 121分
             (ミッドランドシネマ名古屋空港)
■ 監督 バルタザール・コルマウクル
■ 脚本 ウィリアム・ニコルソン サイモン・ボーフォイ 
■ 撮影 サルヴァトーレ・トチノ
■ 編集 ミック・オーズリー 
■ 出演 ジェイソン・クラーク ジョシュ・ブローリン
 
151109.jpg 

最悪の遭難事故は1996年に起きた。
商業登山の危うさを、世界の最高峰は教えたのだ。

ツアーは3社が競合し、ベースキャンプからの出発日
が重なった。どう考えても、狭く危険な登攀路で渋滞
が生じることになる。それでも登山は行われた。

やがて、体調を崩し歩行を停滞させる者。
高所での意識障害で判断と行動に混乱を生じる者。
加えて天候の悪化。
肉体への負荷は地上とは比べるべくもない。
ついに、狭い道での渋滞。

登山者たちの思いは交錯する。
折角65,000ドルを払って参加したのだから…。
知り合いにエベレストに登ると公言したのだから…。
耐えていれば何とか体調は回復するのではないか…。
ガイドたちは、金を払った参加者らを登頂させないわ
けにはいかない職業意識と、遭難させてはならない
責任感でぎりぎりの選択を探る。

なぜか荷揚げしたはずの酸素ボンベが見当たらない。
予定した登攀ロープが張られてない。
天候の急変。
アクシデント。
やがて、1歩も足を運べない者が出来る。
自己判断で引き返す者も出てくる。
かくて、悲劇は起こる。

いささか美談的な印象のある映画だが、見所はロケ
撮影の素晴らしさだ。
しかし、3Dはカメラをパンするとちらつきが生じる。
人物のクローズアップ映像は薄っぺらい印象になる。
だが、景色の遠近や山容の高低における視覚的効
果は抜群なのだ。
ここが、3D映画の悩ましいところである。


DVD 愛のお荷物 ☆☆☆

■ 1955年 日活 111分
■ 監督 川島雄三
■ 脚本 川島雄三 柳沢類寿
■ 音楽 黛敏郎
■ 助監督 今村昌平 浦山桐郎
■ 出演 三橋達也 北原美枝 山村聡
       フランキー堺 小沢昭一 殿山泰司

151108.jpg 

昭和30年の日本、巷は結婚、出産ブーム。
そこで、政治家たちは国会で産児制限をめぐって侃々諤々。

戦後の夫婦、恋人たちの価値観をドタバタ喜劇で見せる
川島雄三の眼は鋭い。

連発される饒舌なセリフ。
真面目なのか不真面目なのか分からない人物たち。
この映画を観ると、川島は只者でない、ということに改めて
感じ入る。


DVD シテール島への船出 ☆☆

■ TAXIDI STA KITHIRA 1983年 ギリシャ/イタリア 140分
■ 監督 テオ・アンゲロプロス
■ 脚本 テオ・アンゲロプロス タナシス・ヴァルニティノス 
       トニーノ・グエッラ 
■ 撮影 ジョルゴス・アルヴァニティス
■ 
音楽 ヘレン・カレンドルー

151104.jpg 

32年前にロシアへ亡命した父スピロの帰郷。
置き去りにされた母は今、父と海の上に漂う。

アンゲロプロスの映像は美しくも、飛躍するゆえに理解
しがたい。しかし。生まれた国(あるいは生まれた土地)
への帰巣本能とも思える人間の存在を描いていることは
画面から伝わってくる。

教えてほしい。
アンゲロプロス、なぜあなたはその事をかくも繰り返し描くのか。