さよなら さんた   

    ベランダをながめるさんた 9月28日の朝

        ( ワットマン SM )

08_0928 

 9月29日の未明 さんた 永眠す。              

 猫齢21歳。                                                                                                        

 「さんた」は、三代目のさんたでした。

 一代目のねこを飼い始めた日がクリスマスだったので、さんた。

 それ以来、私の家のねこは、その名を襲名しています。

 二代目まではおすねこでしたが、「さんた」はめすのねこでした。

 1988年春、わが家の二男に学校帰りの公園で拾われてきました。

 生来おくびょうで、ひっこみ思案のねこでしたが、

 しかし、ひょんなことに家出をし、3か月後に腹を空かせやつれ果て

 て戻ってきました。それっきり外出することには懲りたようです。     

 ときに悪戯をして人間に叱られると、反省めいた表情をすることが

 よくありました。どうして怒られているのか判らないのだが、ともかく

 自分は悪いことをしたらしいや、という表情です。       

 晩年のさんたは、飄々として毎日をすごし、ときどき注意されても

 聞こえぬ風情を決め込みました。それには、人間たちも苦笑する

 しかありませんでした。                               

 そんなおもいでを残して、きょうの朝早く、眠ったままあの世に

 逝ってしまいました。

 忘れがたいねこ さんた

 ずーっと ずっと だいすきだよ さんた 

 2008年9月29日に永眠。

                                                                                                       

        

 

猫まつりイン瀬戸

                                                   

 Photo  Photo_2

 瀬戸蔵(メイン会場)        商店通での似顔絵描き                                             

  

 瀬戸市で猫まつりが始まりました。今年で十三回目です。

 恒例の猫メークをした人も増えました。

 Photo_3  Photo_4

   お店 えんごろ           中川さんのポストカード

 

 「えんごろ」で中川こうじさんのポストカードを買いました。

 えんごろは、小室幸雄さんのおもしろい猫をはじめ、

 楽しいグッズがたくさん飾られている素敵なお店です。

 今日は、秋らしい一日の瀬戸でした。                                                                         

       Photo_5

    誕生日にプレゼントでもらった猫 私の机上に 

    小室幸雄作 「イチゴちゃん」                        

                                               

展覧会  「浮世絵 つり百景」 「片岡球子を偲ぶ展」と「片岡球子展」 

                                                               

「浮世絵 つり百景」 瀬戸市美術館 8.2~9.28

「片岡球子を偲ぶ展」 愛知県立芸術大学 8.8~9.7

特集展示 「片岡球子展」 愛知県美術館 8.8~10.5                                              

「つり百景」 

 釣り史研究家金森直治氏所蔵の浮世絵展が、瀬戸市美術館で開かれていました。

画題材は「釣り」で、約100展。江戸時代の浮世絵が、ほとんどです。

よく見ると、昭和の版画もありました。

川瀬巴水の版画も3点。「両国百本杭之景」「熱海錦浦」「信州松原湖」です。

川面の描かせたら随一の巴水ですから、小振りなながら見事なものです。

久しぶりに、巴水を堪能しました。

巴水のような線は、どのようにしたら出るのでしょうか。

2 H13

 瀬戸市美術館のポスター        川瀬巴水の「信州松原湖」

「片岡球子を偲ぶ展」                                              

 今年1月に103歳で逝去した片岡球子。愛知県立芸術大学で教鞭をとっていたこと

があって、同大学では約1か月間「片岡球子を偲ぶ展」を催しました。

県立芸術大学の偲ぶ展のポスター (使われている絵は「山頂」)          

      1

 偲ぶ展 こちらの展覧会では、習作用の大きなスケッチブックに、山や人物や鳥たち

をぐいぐいと描いた、ラフスケッチとも言うべき絵が多く、とても興味深く感じました。

太いマーカーやパステル、クレヨンを使い、紙からはみださんとばかりに描いた絵は、

ダイナミックな鼓動を伴って見る者に迫ってきます。

画家片岡球子は、法隆寺金堂壁画の模写を行った人でもあり、同大学に1億円の

寄付をし、後進を育てるのに熱心な人でもありました。

同大学では、今でも法隆寺金堂壁画模写図を見ることができます。  

                                            

愛知県美術館の「球子展」特集展示                                              

 特集展示 愛知県美術館のポスター       同館のパンフレット より

   使われている絵は「北斎と富士」       使われている絵は「足利尊氏」        

 Photo      02                                                                                    

 こちらは、なんと言っても「面構」シリーズの屏風図が圧巻。

当館所蔵のものもありますが、神奈川県立近代美術館から借り出した作品が多

くありました。室町幕府の将軍、江戸時代の浮世絵師や戯作者たちの面構えが

片岡球子という画家の 洞察と想像を通して、不思議な魅力を放っています。

「面構」の他にも、「裸婦」や「浅間山」などが多く展示されています。必見です。

     

北ア表銀座の道

                                                   

                                         

    8月3日に歩いた 表銀座。

    そのスケッチの色塗りが やっと できました。                          

 Web_08_0906

           ( キャンソン F6 )