1月の映画

                                                   

328203view007

  ■ 再会の街で  アメリカ 

  ■ 監督 マイク・バインダー  名古屋 ゴールド劇場

  ■ 私の採点 ☆☆☆☆                                            

1006406_02

  ■ やわらかい手  イギリス ドイツ フランス ベルギー

  ■ 監督 サム・ガルバルスキ  名古屋 名演小劇場

  ■ 私の採点 ☆☆☆☆★                                     

                                                      

1月のスケッチな人たち-文庫判スケッチ

                                                     

男の人をスケッチしました。                                       

1月は、マスクをした人をよく見ました。                            

                                                   

    08_web

    08_web_2

    08_web_3

スケッチ 北京・天津の人たち その7

                                                             

 スーパーマーケットの中で、ケーキを作る人がいました。

                                                                               

 ケーキのサイズは大きく、スポンジ生地の上のクリームもたっぷり。

 ただし、バタークリームであることは、ガラス越しでも、そうと分かります。

 北京の下町のケーキは、とにかく大きいものでした。                                

  ( ワットマン SM  前門下町のスーパーマーケットで)

Web_3

スケッチ 北京・天津の人たち その6

                                                                 

 大柵欄の街にある、中国靴店の実演コーナー。

 布製の底を、丈夫な麻糸で、一針ひと針縫っています。

 中国独特のあの靴は、こうして作られていくのですね。

                                                              

 ( キャンソン F0 北京 「内聨昇」靴店にて )

 

 Web_2

                                                            

                                                     

巴水の版画  県美術館で

今日は、素敵な日です。

川瀬巴水の版画が、名古屋で、いつでも、

観ることができるようになった日だから。

                                                      

愛知県美術館が73点の寄贈を受け、今日から40点が特別公開されました。

初日の今日は、幸いにも、午後8時まで開館の金曜日。ついています!

仕事を終えると、職場から、名古屋の栄にある美術館の10階に直行。                   

       Photo

一年半ぶりに、観る巴水の版画です。

再び、魅了されました。

繊細な線描。

清澄な色彩。

時間が過ぎるのを忘れます。

とりわけ私の印象に残ったものは、

1925年「芝増上寺」 1920年「金沢ながれのくるわ」 

1927年「大阪天王寺」 1931年「目黒不動堂」

1936年「讃州豊浜」 1952年「野火止 平林寺」 6点。

                                                                

巴水の版画には、伝わってくるものがある。

観る者を、魅惑するものがあるのです。

 

スケッチ 北京・天津の人たち その5

                                                                    

           露店の人                                             

   冬の北京の寒い朝。

   露店で焼くいい匂いが、温かさを運びます。   

    ( 北京 虎坊路にて キャンソン F0 )                               

    

  Web

                                                      

                                                              

          篆刻の人                                                                               

    名古屋に住む父へのプレゼントとして、篆刻を作ってもらいました。

    彫ってほしい文字は、直接、刻石に鏡字で書き付けます。

    そして、注文してから20分以内で、見事に彫ってしまいました。

      ( 天津 古文化街にて  ワットマン SM )                            

 

  Web_2

トプカプの至宝展 名古屋市博物館

Title

                                                                

今、名古屋市博物館では、「トプカプ宮殿の至宝展」が開催中。                         

日曜日の11時過ぎに入館、駐車場も満杯の盛況。

名古屋でも、入場者が2万人を越したとか……。                             

眩いばかりの、大粒のエメラルド、オパール、トルコ石、真珠、水晶、

瑪瑙、金、銀などが、散りばめられた装飾の品々。

会場からは、女性たちの、いくつものため息がもれていました。

                                                               

宝石を眺めながら、学生のころ見た映画を思い出した。

題名「トプカピ」。主演はギリシャの女優メリナ・メルクーリ。

監督はジュールス・ダッシンだった。ピーター・ユスチノフも

マクシミリアン・シェルもよかった。第一級の娯楽映画だった。

                                                               

トプカプの至宝を、目の当たりにした者なら、メリナの行動に

共感を覚えない者はいない。今日、強く、そう思いました。                           

スケッチ 北京・天津の人たち その4

朝の北京。通りで小麦粉を焼いて売っています。

学生らしい女の子が、買うために寄ってきました。

 Web

( ワットマン F3 虎坊路にて )                                         

下は、竜虎の像を磨く人。

天津市の天后宮前で見かけました。

天后宮は1326年に創建された天津最古の建物です。

港街天津の海の安全を守る媽祖を祭っています。

 Web_2

(キャンソン F1 古文化街の天后宮の入口にて )

スケッチ 北京・天津の人たち その3

今夏にオリンピックを開く北京は、町の改造が進んでいます。

数日滞在した私も、古い胡同(フートン)が解体されるのをよく見かけました。

裏路地の風情を残す胡同が、姿を消していくのは寂しく思います。

この絵のおじさんも、やがてここを引っ越すのでしょうか。

「虎坊路と万明路との間にある胡同で 」

Web_07_12

   ( キャンソン紙 F1 )

                                                           

スケッチ 北京・天津の人たち その2

北京の町では、路上で調理をしたものを、売る人たちがいます。                         

      Web07_1228

                                                                

これは、マーファ(中国語表記で「麻花」)、というねじり巻き揚げ菓子。

私は、これを食する勇気と、胃袋とを、持ち合わせていませんでしたが……。

でも、北京の人たちは、これをよく買っていきます。

スケッチ 北京・天津の人たち その1

年末に北京・天津に行きました。12月27日~31日です。                               

オリンピックを半年後にした北京では、都市化が急ピッチで進んでいます。

古い路地や建物である「胡同」(フートン)や 「四合院」などが、徐々に、

いは急速に、その姿を変えつつありました。                                                               

北京市の冬の朝は、気温マイナス5度~マイナス8度。

早朝の街頭や裏通りで見かけた、北京の人たちをスケッチしました。                                                                                                  

Photo  Photo_2

  小麦粉を焼いて売る人     路上を掃除する人 

                            

ともかく人が多い町です。どの店にも、必ずお客さんがいます。

どんな狭い道であっても、人がいないということは、ありません。

北京は、とても多くの人たちが生活している町です。                                       

                                                          

謹賀新年

 あけまして、おめでとうございます。

 見てくださる皆様にとって、今年が佳い年でありますように。

 「Sketchプラスワン」のご愛顧もよろしく願います。

 Sannta

              さんた 20歳