ネパールスケッチ 今日は何しようか…

02web

       バクタブルの町角 その2

ネパールスケッチ  二人でお散歩

文化遺産の多い町バクタブル。

ダルバール広場は、観光客だけでなく、町の人も歩く生活の広場です。

Web

  バクタブルの町角 その1 (18×14 センチ)




道後温泉本館みやげ

             道後温泉本館で買った「みかん石けん」 

      セロハン製の袋から取り出すと、ミカンのよい香りが広がりました。

 大きさは6×5.5×2センチとやや小ぶりで、中央にミカン形が凹印されています。

 これからは液体ソープだけでなく、みかん石けんも体をきれいに磨いてくれるでしょう。   

              Web12_0618

               (ワットマン ポストカード)

松山の郷土菓子

       男ともだち四人で、四国に旅行を楽しみました。

       当地で求めた土産のお菓子をスケッチしてみました。   

     12_0612_iro 

                    ( ストラスモア紙 水彩 )

一六タルト 

柚子入りの餡を、ケーキ地でくるんだ和製洋菓子。一六本舗製。

この菓子の原型は、久松家初代松山藩主・松平定行が長崎から伝えた南蛮菓子

タルトだと言われています。

味は上品で芳醇。餡菓子好きな私は、毎日食しても飽きないだろうと思いました。

新・坊っちゃんせんべい

定番の坊ちゃん団子に似せた形がユニークな、たまごの風味の煎餅。観光堂製。

三枚入りの袋には、版画風の道後温泉本館がプリントされています。

煎餅には小舟に乗って竿を操っている坊ちゃんと覚しき麦わら帽子姿の人物が、

焼き印され、表面に淡く砂糖を絡めたお茶受け菓子です。

 

シクラメン ポストカード

シクラメンは俳句の季語として、あるのだろうか。

スケッチをした後で、ふとそう思い

角川の俳句歳時記・新版で調べてみると

「春」の項に、ちゃんと載っていました。

田川飛旅子という人は

      燃えつきし 焔の形 シクラメン

と詠じていました。

 12_0124_webpostcard                                                                 

 シクラメンは 篝火花 とも表記するようです。

                                                       

                                                     

                                                    

                                                    

                                               

   (ポストカード大) 

   

絵ふうとう  

消しゴムはんこ1月例会に集まった仲間9人で、新春記念写真を撮りました。

プリントした写真を皆さんに送るための封筒は、「絵ふうとう」にすることに…。

たとえば、Sさん宛には「部屋で判を彫っているご本人」の様子を…。

      120116_2

部屋の窓(のつもり)からは東京スカイツリーが見えるようにし

地デジ化の記念切手80円(定形で25g以内)を貼りました。

Sさんのほか、それぞれに楽しめる絵やデザインを工夫し、

中に記念の写真を入れました。

受け取った皆さんが思わずニヤリとしてくれることを願って、

本日投函!

   

イタリアの町で 線スケッチ 

      サン・ジミニャーノの町には、塔が十四もあります。

        昔は、その数七十以上を数えたとか…

        Photo

 

           パンフレットを読む老人

   フィレンツェのサンタ・マリア・ノベッラ駅の待合室にて

        2011_11

   ( どちらも 文庫サイズノート+パイロットプチペン )

展示物のスケッチ 東京国立博物館

千葉県からの帰り、20余年ぶりに東京・上野の森に寄りました。

予めチケットをネットで購入していた東京国立博物館を訪れるためです。

そこで、久しぶりに線スケッチを…。

112011  112011_2

形の面白い兜や、久隅守景という人が筆を振るった鷹狩屏風の人物を

文庫サイズノートに、素速くスケッチ…。

館内では、外国人の観覧者もちらほら歩いており、中には筆ペンで、日本

の伝統的な衣装を模写する数人の若者もいました。

えんぴつデッサン 習作 風景(海)

01web

        F4

えんぴつデッサン 習作 ソラマメ

Web_110409

          F6 

えんぴつデッサン  習作 クリップ

Photo 

      F6

甘夏みかん

110302_3

( 透明水彩 キャンソン紙 23.5×33.0㎝ )

クリスマスローズ

 

11_0215web

  ( キャンソン紙 四つ切り )

えんぴつデッサン 習作 リンゴ

技法書を参考に、リンゴ(サンフジ)のデッサンをしました。45分。

 110108 

              F 6

 

クレヨン画  模写 「リンゴのバスケット」(セザンヌ)

 Photo_2

       ( クレヨン 新聞紙 39×50㌢ )

 偉大な画家であるセザンヌの静物画を、模写をしてみました。

 新聞紙にクレヨンで描き、油彩画に近づけることができたようです。

 模写することで、セザンヌの複雑で豊かな色彩感覚は驚異的である

 ことが、実感できました。

 

カボチャと黄ウリ 

                                                            

 2010_0912_web_500

      ( クレヨン画 20×25㌢ 新聞紙 )                           

 

  黄ウリは、子どもの頃によく食べたものでした。

  今では、公設市場は姿を消し、個人経営の八百屋もほとんど見かけなく

  なったので、黄ウリも目にすることも少なくなりました。

  でも、夏には、時どき近所の農協の朝市で売られています。

  その姿を見ると、なつかしい友だちに会ったような気分になります。

  なつかしい友には、なつかしい画材のクレヨンが似合います。                      

                                                          

ニヨン駅にて     夏のスケッチな人たち 2

10_0725_web

             (14×14㌢)

夏のスケッチな人たち    レマン湖畔にて  

10_0725_web_2

 ジュネーブで見かけた人たち

   (17×14㌢)

カボチャ

 10_web_0625

    実物より少し腰高に描いたカボチャ。

       (10×16 ㌢)

初夏の八幡社

 6月にペンスケッチをした八幡社の彩色がやっとできました。

 この絵のサイズはF6で、 私がこれまで描いた大きさとしては最大です。

 次には、もっと大きな紙に描きたい。

     10_0603_web

           ( F6 41×32㌢ )

スイスの街角

10_0724_3_web

         ( 18×13㌢ )

 写真から線スケッチにし、彩色したものです。

 この場面の人たちは緩やかに動いているのですが、

 それでも、動く人をその場で描けるようにするには、

 私にはまだ時間がかかるのかも知れません。

 

KIOSKの婦人

   10_0724_early_summer_bern_web_2

           (16×21㌢)

ベンチの老人

 10_0815_web

          (17×14㌢)

  スイスのレマン湖に面した町ウーシー。

  公園での老人。

  何を想うのでしょうか。

長久手町 文化の家付近

                                                             

   Photo

          ( 32×23 ㌢ )

                                                        

クレマチス

      10_0624_web2

        ベランダに咲いたクレマチス

           (ポストカード大)   

 花も美しいけれど、つるの延び方がとてもおもしろい草です。 

線スケッチ 長久手町

   Web

       F4  キャンソン紙

    文化の家からみた図書館の時計塔

ザクロの花

 今、ザクロが花盛り。

 陶磁器の花瓶と、ガラスの筒に生けてスケッチを。

        (どちらもポストカード)

 22 2

  

 

東北旅行のおみやげ

   ひのき泥炭石は、後生掛温泉。

   野いちご羊かんは、蔦温泉。

   ソフトりんご(フリーズドライ)は、青森駅近くの市場。

   青森りんご酢キャラメルは、三内丸山遺跡の時遊館。                                                                

 Photo

               ( 22×25㌢ )

長久手町 文化の家

                                                         

10_0603web

    ( 21×16㌢ )

空豆と竹の子

「長久手町文化の家」が開催する絵画教室の講座で描いた静物です。 

偶然に、この講座の募集に気付いたのが4月某日の締切日前日。早速翌日申し

込んでみました。1週間ほどして届いたハガキには、何とOKの返事!

後から知ったのですが、この講座は定員16人のところ応募者16人とのこと。

16番目の幸運!これは、朝の散歩で立ち寄る八幡社さんの御利益なのでしょうか。

かくして、5月某日から、毎週水曜日の午後には、講座に出かけることになりました。                                                           

 10_web_0603

          ( 16×21㌢ )