ヒマラヤを見に行こう

ヒマラヤを見に行こう。

遠くからでもよいので、実際に見てみたい-

そう思って出かけた12月のネパール。

 

                 *

 

 2012年12月18日 標高6,650mのフルビ・チャツ山

Imgp1783

     (午後5時 ナガルコットのホテル屋上より)    

 

 

② 12月19日 

左はアンナプルナⅣ峰7525m 右はアンナプルナⅡ峰7937m

Imgp2689

 
       
  (午後5時 ノーダラの丘より)

 

 

 

③ 12月20日

アンナプルナⅠ峰8091m(世界第10位の高さ)

 Imgp1966_3

 

Photo

  (12時 ラムコットの丘より)

 

 

マチャプチャレ 6993m 宗教上の理由で禁足の山

Imgp2017

 (午後4時15分 ウルトラライトプレーン機の後部座席より)

 

 

 

ウルトラライトプレーン-二人乗りノンフードの超軽機-操縦士と私(後部座席)

 

 Dscn2738 

 

       眼の前に迫るマチャプチャレ6993m

Imgp2008_4

        アンナプルナⅢ峰7555m

Imgp2051

  

④ 12月22日

左正面がマナスル8163m(世界第8位)

 Dsc00169

  (午前10時 カトマンズへの定期便機内より)

 

⑤ 12月23日

中央がエベレスト8848m(世界第1位) 右がローツェ8512m(世界第4位)

 Imgp24941

 (午前10時30分 カトマンズからの遊覧飛行機内より)

 

 Dsc00201_2 Imgp2525

 

Dscn2702_3

 

Imgp25401

 

Imgp25564 

                   *

幸運にも、ヒマラヤの山々を見ることができた今回の旅に感謝!

 

それにしても、ヒマラヤは凄い[E:sign01]

 

 

 

 

 

アルプス紀行 その6 またまた絵はがき考

           ポスター画を使った絵はがき

「絵はがき考」の最後は、写真とは趣を異にした「絵」はがきです。

観光宣伝用のポスター画を用いたものが多く、その土地の好イメージ、

あるいは特異な風景を、「絵」で、印象付けようとしているのでしょう。

値段は1.5~2.0 CHF (120~160円)。

シャモニーはフランスなので、1.5ユーロ(150円) 

 Photo Photo_2  Photo_3

   ユングフラウ        ミューレン        トリュメルバッハの滝   

     2      Photo_4 

       シャモニー             シャモニー

この5枚の中で、私のお気に入りは、シャモニーのジャンプ絵はがきです。

冬期オリンピックの第1回目開催地としての自負と、男女のシュールな姿が

とてもいいと感じます。

アルプス紀行 その5 また絵はがき考

            絵はがきの変わり種

① 大きめの絵はがき  21×10.5センチ

 Post

            ( ユングフラウ鉄道 )

 キオスクなどで、1.2~1.5 CHF (96~120円)で売っています。

 スイスでは、よく売られている大きさなので、変わり種というほどではないのかも

 知れません。

 しかし、日本では、ほとんど目にすることのない大きさの絵はがきなのです。

 所謂ハガキサイズではないのですが、定形郵便物の大きさですから、重さが

 25グラム以内なら、切手代は80円となります。

 いかにも外国の絵はがきだ、という印象与える大きさなので、受け取る人には

 喜ばれると思います。  

② 凹凸のある絵はがき(大きさは日本のハガキとほぼ同じ) 

   値段は7.8 CHF(約630円)

Post_02_2

 グリンデルワルト地方の山岳地図を立体的

 にした絵はがきです。

 山や湖、町、氷河の名まで書かれています。

 山岳ファン向きの絵はがき。

 

Post_01_2  拡大してみると、

 Eiger(アイガー)3970mと書かれているこ

 とがわかります。

 立体感が素晴らしい絵はがきです。   

                                          

この絵はがきは、山岳写真を撮っていて、スイスアルプスにも数回出かけた

経験のある友人Kさんに出しました。25グラム以内なので、切手は80円。

彼は今年の7月末から、山々の撮影にスイスの出かけるそうです。

 

アルプス紀行 その4 絵はがき考

町のキオスクなどで売られている絵はがきの紹介です。

                  *

同じ大きさの写真絵はがきでも、よく見るとちょっと違っているな、と気付きました。

①タイプ 写真だけの絵はがき       ②タイプ 町と山の名が印刷されている

  ( ミューレンの町 )                ( ミューレンの町 )

Post_01 Post_02

③タイプ ②に加えて山の標高も印刷   ④タイプ ③に加えて町の標高も印刷

 ( フィルスト展望台 )               ( メンリッヒェン展望台 )

Post Post_2

                   *    

①~④とも大きさは、14.8×10.5センチ。

この大きさが、いちばん多く売られているようです。

1枚の値段は、0.8~1.2 CHF(スイスフラン) 

帰国したあとで、日本から友人に送ります。

(以前、現地から絵はがきを送った経験がありますが、着くのに日数が

かかり過ぎるので、それからは日本に帰ってから書くようになりました)

この大きさなら、50円切手を貼ればオーケーです。

                  *  

山に関心のある人には、山の名称・標高が書かれている③・④タイプの

絵はがきで便りを書くのが、よいのかも知れませんね。

アルプス紀行 その3 ハイキングはカラフルな服で

 Imgp1233  Imgp1243

 Rimg0181  Imgp1003  Imgp0708

Imgp0687 Imgp1216_2

Imgp1222  Imgp1240

       アルプスでは、カラフルでラフな服装が似合います。

      それにしても、西洋人の皮膚は紫外線に強いようです。

       だって、半パンツに、Tシャツ姿の人が多いのです。

         でも、網膜は弱いらしく、だれもがサングラス。

       そして、なぜか帽子をかぶる人は少ないのでした。

スイスアルプス紀行 その2 山、雲、空、そして湖

6月下旬から7月にかけての10日間、スイスアルプス-アイガー

を含むユングフラウ地方と呼ばれる地域-を歩いてきました。

001 002 

ミューレン村から見たアイガーです       アイガーを眺めながらのハイク

003  005 

 シルトホルン展望台からの眺め           フィルスト展望台  

ここは映画「女王陛下の007」のロケ地

006  009  

 氷河を従えるシュレックホルン         バッハアルプ湖   

うーむ。やはりヨーロッパアルプスは壮大なり。

これが正直な感想です。

スイスアルプス紀行 その1 アイガー北壁に想う

7月上旬、スイス・ユングフラウ地方のハイキングコースを歩きました。

この目で、アイガーをいろいろな角度から見上げました。

実際アイガーの北壁は、東や西の面とは異なり、まさに垂直の岩壁でした。

   04         Photo_4

   北東から見るアイガー            北から見るアイガー

   (7/3 am6:08 ミューレン)      (7/5 am8:15  メンリッヘン~クライネ・シャイデック)                    

   02_2      03

     北西から見るアイガー            北北東から見るアイガー

  (7/4  am11:58  クライネ・シャイデック)      (7/5  pm7:29  グリンデルワルト)                    

                     *

1936年7月、T・クルツたち若き4人の登山家を襲った伝説的な遭難死。

アイガー北壁登攀の困難さとその悲劇を思わないではいられませんでした。

帰国して、再びDVD「運命を分けたザイル2」を観ました。

 002 001 003

上空からのアイガー     登るジョーの映像        再現ドラマの映像

 左側が北壁

(いずれも「運命を分けたザイル2」 2007年製作 イギリス 74分 の映像の一部)            

                      *

劇映画「アイガー北壁」よりも、はるかにすぐれている「運命を分けたザイル2」は、

ペルーで遭難した経験のある登山家ジョー・シンプソンが、クルツらの登攀コース

を実際に登りながら、事実に忠実な再現ドラマを交えて語る見事な山岳映画の傑

作です。

アイガー北壁を登る迫真の映像と、遭難死の淵から生還した登山家の言葉とで

クルツたちの痛苦と心情を鮮烈に描いています。

見終わって言葉が出ない映画はいくつかありますが、

この映画もその一つでした。                                                            

                     *                                   

アイガーを目の前にした旅は、伝説的な悲劇を想う旅でもありました。

       

栂池自然園の朝

栂池山荘に前泊して、早朝の自然園を歩きました。

時刻は午前5時45分ころです。

Tugaike02 Tugaike01

ウラジロナナカマドの葉や、チングルマの花びらに水玉がのっています。

静かな湿原の朝です。

Tugaike05_2 Tugaike04 Tugaike06

   

秋の極楽平 中央アルプス

 ■ ロープウェイ千畳敷駅2640m 12:10 曇り 気温10℃

 ■ 極楽平道標 2830m 12:50 曇り

 ■ 三の沢分岐 2880m 13:05 曇り             

   ロープウェイ待ち時間  往 約30分    復 約20分

   この日の紅葉の盛りは、2000~2300m付近と思われました。

   ただし、今年の発色は良くないと感じます。ナナカマドの葉枯れが

   目につきました。 

 Rimg0338  Rimg0337

      今年の千畳敷         分岐から見た三の沢岳(2846m) 

   

   

 

 

アルプスの花

 

  Aka01 Siro01

       Ki02  Ao01   Aka02

       Aka03  Siro02

                 Mt02

 モンブランやマッターホルンが見える草原には、高山植物が咲いています。

 今年は開花が遅いとのことで、7月中旬から下旬にかけてが見頃です。

 ヨーロッパの人は、花にカメラを向けることをほとんどせず、もっぱら山の景

 色や家族にシャッターをきっていました。花の写真を撮るのは日本人だけな

 のかなと思うほどでした。              ( 撮影2010.7.15~7.21 RICOH CX3 )

山歩きは 子供も老人も若者も 愉しい

シャモニ アルプスだより その4

モンブラン山系を実際に歩いてみると、いろいろな人が山歩きを愉しんで

いることを実感します。それは、アプローチの容易さが大きいと思います。

ロープウェイで2千~3千mの高さまで運んでくれます。湿気の低い気候

も大きいでしょう。日差しは強いのですが、汗は流れません。山行中に私

もタオルを使ったことはなく、体力の消耗も少ないと思いました。そのほか

施設が清潔で使い易いことや、短い区間に食事や飲み物を供する山岳

レストランが必ずあることなども、少なからぬ好影響を与えているようです。

ここでは、子供も、老人も、若者も、みんなが安心してハイキングを愉しむ

ことができます。

2 Rimg0139 Rimg0731

3_2  1  4

           Kakariinn

モンブランをenjoyする人たち

シャモニ アルプスだより その2

モンブランの楽しみ方は、人さまざまです。
山歩きを楽しむ人  
マウンティンバイクを楽しむ人
パラグラーダーを楽しむ人
展望を楽しむ人 
雪上練習を見ることを楽しむ人など。
カラフルな服装も楽しいな、と日本人の私は
ちょっと羨ましく思いました。

Photo  Photo_2  

Photo_3  Photo_4

Photo_5  Photo_6

Photo_7  Photo_8

シャモニ アルプスだより

今、フランスのシャモニは快晴つづきです。
ミディからエルブロンネルに架かるロープウエイからは
険しい山塊に囲まれた氷河や4807mのモンブラン山
がすっきりとよく見えました。
バルム峠では、さわやかな風のなかで花が咲いています。
峠の小屋に腰掛けて飲むチョコレートの味は、格別です。

Photo Hana

晩春-白い花たち

 海上の森を歩きました。

 海上の池は、1年中で今の時期、水量が最も豊富となります。

           通称「大正池」

 Photo

     (ルミックスFS30 オートモード撮影)

いくつかの白い花が、みどりの濃くなった葉陰に映えていました。

 Photo_2  Photo_3

     エゴノキ                  ウツギ(卯の花)

     Photo_4

                 エボタノキ

岩巣山往復 歩行時間2時間52分

                                                          

[E:sun] 快晴の日曜日。

[E:car] 自宅から30分程の岩屋堂公園に行く。 

[E:foot] 岩屋堂・標高230m-元岩巣499m-岩巣山481m - 岩屋堂 [E:riceball]

    [E:watch] 9:05      10:18    10:40     11:57 

Ha0 Noborikuti_2  Akaruihodou_2

   岩屋堂のモミジ        登山口(東海自然歩道)     明るい山道      

 Douhyou     Iwasu02      Iwasu01

  岩巣山への導標   展望のない岩巣山山頂   元岩巣から見た岩巣山

 (導板が無い)   (それでもてっぺん) (鉄塔の手前右下辺りらしい)

                                                                                 

  Ha01  Miki  Ha03

             岩巣山で見つけたお気に入りたち

  

  山から渡る 四月の風が 新緑たちを そよそよと ゆらします

  おーい 森くーん。 元気かーい。                                     

                                                         

海上の森 ハルリンドウが見頃

 

 ぽかぽか陽気に恵まれた海上の森には、里山歩きに多くの人が訪れていました。

 私はハルリンドウを見たいために、道を右に折れて、「湿地」へ向かいます。

 明るい日ざしの湿地では、おめあてのハルリンドウがそろって顔を見せていました。

 淡い青紫の花びらのハルリンドウ。池の奥から、ヤマアカガエルでしょうか、鳴く声

 が聞こえます。遠くの林からは、コゲラの声も。

 今日は、湿地に足を伸ばす人もおらず、今が見頃のハルリンドウを、心ゆくまで

 楽しみました。

 Kaisyo_04  Kaisyo_03

   群生がみごとなハルリンドウ (オリンパスSP-560UZで撮影)                         

                                                   

好天の北八ヶ岳・天狗岳 2010年2月22日   

2010年 2月 天狗岳山行 行動表

【2月22日(月)】[E:sun]

渋ノ湯7:55-八方台分岐8:40-黒百合ヒュッテ10:00(小休止)-

中山峠10:50-東天狗岳山頂11:55-中山峠-にゅう分岐13:35

(小休止)-黒百合ヒュッテ14:50(泊)

【2月23日(火)】[E:sun]

黒百合ヒュッテ9:10-渋ノ湯10:25                                                     

  23_0943_4  23_0747

   八方台手前の山道             黒百合ヒュッテ                                                    

                                                                                                            

 22_1116  22_1232   

   東天狗岳への踏み跡              西天狗岳に向かう単独者

 (夏ルートよりやや西に付いてる)        (東天狗岳山頂から望む)             

                                                                         

 22_1231_2    22_1321

  赤岳(奥の左手) 阿弥陀岳(右手)      枝も凍る八ヶ岳の冬の烈風

    (東天狗岳山頂から望む)           (天狗岳取り付き付近)                   

   * カメラ:ルミックスFX-37  IAモードで撮影 

                                                         

 

           

弥勒山(みろくさん・437m)

                                                         

弥勒山 2010年1月17日 晴

10:20 JR古虎渓駅のガードをくぐり、三の倉を経て廿原(つづはら)集落に着く。

10:35 廿原登山口

      ①山道の脇にうっすらと残る雪を見ながら…

      ②カンアオイが顔を出して…

 Photo_5 Photo_6

          ①                     ②

11:00 弥勒山 快晴

      ③恵那山の姿が…

      ④木曽御岳山も…

 Photo_7 Photo_8

            ③                        ④

山頂では人懐こいヤマガラたちがさえずり、廿原の里ではコゲラが鳴き、

天候に恵まれたまことにのんびりとした短山行でした。

  スケッチ 弥勒山の憩い ( ワットマン 15×22センチ ) 

  10_0117_web

                                                     

                                                             

北ア表銀座の道

                                                   

                                         

    8月3日に歩いた 表銀座。

    そのスケッチの色塗りが やっと できました。                          

 Web_08_0906

           ( キャンソン F6 )                                        

                                                       

20年ぶりに歩く表銀座 その3 スケッチ

     表銀座の縦走コースをゆく登山者たち

      (為右衛門吊岩付近のスケッチ)

   Web_1234

今夏の北アルプスの晴天率はどうなのだろうか。

あまり高くないのかもしれない。                                

私の山行3日間は、

8月2日 晴。3日 快晴。4日 曇り時々雨。

いちばん楽しみにしていた燕岳から大天井岳、東大天井岳、

そして常念小屋の区間は、快晴の8月3日だった。

前の日、左脚痙攣を起こした私に、空は好天を、

プレゼントをしてくれたのだ。そう思う。                                  

雨ばかりの山行もあるが、ツイてる山行もある。

だから、山行きは、やめられないのかもしれない。

     

 

20年ぶりに歩く表銀座 その2 鳥や花など

  2日目 8/3  快晴

  太腿の様子を確かめながら、ゆっくり起きる。

  朝日に照らされた燕岳まで散歩する。

    燕山荘テント場発  6:58

    大天井小屋着    10:10

  小屋前のベンチで、小休止。陽射しが強い。

    大天井小屋発       10:40

   快晴。穂高連峰や槍ヶ岳の展望を、満喫しながら歩く。

 太腿の痛みは、感じない。 

    常念小屋テント場着  14:00

                 快晴の槍ヶ岳 3180m  

    東天井岳 2814m ~ 横通岳 2767m の稜線から望む

        ( 2008.8.3 am11:07  DIMAGE A200 autoモード撮影)

Yarigatake

                           北ア表銀座の鳥・花

Uso  Photo

  コマクサの花を食べるウソ(鷽)           ハクサンイチゲ(白山一花)

   燕岳の稜線にて 08.8.3                      東大天井岳の南面にて 同 

Photo_2 Photo_3 

  センジュガンピ(千手岩菲)               クルマユリ(車百合)

  別名・白いナデシコ  8.4                 葉がくるまのように輪生する

  一ノ沢 胸突八丁付近                  一ノ沢 笠原付近  8.4

 写真のほかに、鳥は、ホシガラス・イワヒバリ

          花は、シナノキンバイ・チングルマ・ツガザクラ・ハクサンフウロ

              シモツケソウ・アオノツガザクラ・ゴゼンタチバナ・マルバ

             ダケブキ・チシマギキョウ・ミヤマカラマツなどが見られた。

      

20年ぶりに歩く表銀座 その1 風景写真 

                                                            

 表銀座-2008/8/2~8/4

  1日目 8/2 晴

    穂高駅着           9:37

     中房温泉温泉発  11:17

     合戦小屋着       14::25

小屋からテント場までの登山道で、左太腿に痙攣が生じる。

10分休んでは歩き、休んでは歩きを繰り返し、ペースダウンしながら歩く。

テントを含めた荷重14.7kgは、ちょっときつい。 

    燕山荘テント場着 16:10

                

         標高2700mから眺める夕焼け

 ( 2008年8月2日 午後7時7分 燕岳テント場から見る穂高方面 )

 Photo

                                                           

             岩と山稜の朝明け

   ( 同年8月3日 午前5時21分 通称いるか岩と槍ヶ岳)   

 Photo_2

 

今夏はピンチか

                                                          

今朝、腰に痛みが生じました。

新しい布団カバーを替えるとき、無意識にひざを伸ばしたままで、深く前屈みになったところ、痛みとともに違和感が走りました。あと1週間後に予定している、20年ぶりの「北ア表銀座コース」山行がとても難しくなってきました。やっと、かかとの痛みは小康状態となり、左足首の違和感も和らいできた矢先の椿事!今年の夏の山行は絶望的となるのか、とても残念です。

06_1123_web

2004年夏 三国境付近 (白馬大池テント山行)

道樹山・弥勒山 (愛知県・春日井市)

 今でも 踵と足首が少し痛みますが 

 夏の山行の 身体準備のため 山を歩きました。

 夜来の雨も上がって 気持ちのよい朝です。 

Photo

 春日井緑化植物園   8:55

 大谷山 (425m)   9:51

 道樹山 (429m)  10:06

 弥勒山 (437m)  10:30 

 植物園         11:15

Photo_2  Photo_3  Photo_4

2

 大谷山までは コアジサイやシダの美しさに 思わず脚が留まって

 超スローペース。 木陰の気温は19℃。

 足首は サポーターを着けたせいか 痛みは殆どありません。

 Photo_5

 ヤマボウシ(山法師)の 白い花が 咲いていました。

      

        弥勒山頂で休む人(ウオーターフォード はがき)

         Web08_0607_2                       

 

霧ヶ峰 その秋

予想したよりも、雲の多い朝でした。

車山肩-ゼブラ山-八島湿原-沢渡を歩きました。

1100頃までは、雲が覆っていました。が、

Yaamnami

(ミノルタDIMAGE  A200で撮影 補正処理 以下同じ) 

「南の耳」に着く頃には、青空が広がりました。

穂高や八ヶ岳の連峰、そして富士山も見え、

気持ちの良い、高原トレッキング日和。

Sora

夕方になると、八島湿原が見せる赤いじゅうたん。

Photo

そして、蓼科山になびく夕映えの雲。

Zannsyou

翌朝、諏訪湖から昇る水蒸気が、霧となって広がり、

御射山ヒュッテから眺める森は、一瞬、幻想的な風景

を見せます。気温は5℃。

Kiri

その霧もやがて流れ消え、明るい高原に、

戻っていくのでした。

COSMO 越百山2613mの初秋

                                                              

中央アルプス越百山へ行きました。

木曽側の伊奈川ダム上流ゲートから0635に入山。                                                                                 

登山口(通過時刻0715)と頂上との高度差が約1550m。

展望の開けない樹林帯を登る道が連続していました。

頂上直下の越百小屋まで約4時間、到着時刻1033。

                                                           

小屋に1泊するつもりで登ってきたのに、何と、予約客ですでに満員。

悪いけれど当日客は断っています、と小屋の人から聞かされました。

越百(泊)~南駒ヶ岳コースをあきらめ、日帰りピストン山行に変更。

      Web_12

Web_1  Web_2

     越百山         越百小屋(越百山付近から)

  

射す陽は、まだ夏。

渡る風は、すでに秋。

Web_4 Web_6  Web_3

  Web_10  Web_11

木陰の赤い実は、タカシマランの実。

稜線の赤い実は、ナナカマド。

                                                           

起伏のある8時間の日帰りピストン山行は、

ひざの裏側に痛みを生じさせるのに、十分過ぎるものでした。

                                                               

しかし、「上の水場」で飲んだ湧き水のうまさ。      

それは脚の痛みを補って余りある、街ではとても口にできない水。

私は、あの水を飲むための越百へ行ったのかも知れない-

そんな気にさせる山行でした。

上流ゲート着時刻1523。

夏の白馬大池 その2(線スケッチ編)

    Web_21                                                                  

     (無印良品の文庫版ノート+パイロットプチ細)                           

                                                                                                                      

前回の白馬山行報告の続きを少し。                                                                                                

                                                                                  

白馬大池での2泊なので、余裕のある山行でした。

大池の周りでゆったりと過ごし、スケッチもできました。                                                                       

                                                                   

お盆休みだからでしょう、いろいろな登山者がいました。

疲れを知らぬ元気印の女性中高年グループ。                                       

旅行社主催の1組20名前後のツアー団体御一行が5・6組。                                            

小学生、おばあちゃんなどを連れた家族。

若い夫婦者。若くない夫婦者。などなど

白馬大池のその賑やかなこと! 

                                 

                                                     

Web_17  Web_18

07_0810  Web_20

夏の白馬大池 その1(写真編)

         Web_13 

 ( いずれも以下 コニカミノルタ DIMAGE A200 で撮影 )                                   

  

2007年 8月9日・10日・11日

3年ぶりに白馬大池へ単独行。テントを背負って行きました。

好天と可憐な花と、ライチョウに出会う幸運に恵まれた3日間。                                      

                            

歩行時間 (1日目2日目ともに白馬大池でテント泊)                                                                             

1日目 3時間15分  栂池自然園-白馬大池                                          

2日目 8時間35分   白馬大池 = 小蓮華山 = 鉢ガ岳東面 (ピストン)                        

3日目 2時間45分  白馬大池-蓮華温泉                                                                                         

                                                                                                                                                                                 

白馬大池は標高2380m。高みから俯瞰するとそれを実感できます。

 Web_5 Web_00                                                           

                                                        

ハクサンコザクラ、アオノツガザクラ、ハクサンイチゲ、コマ                       

クサなど、20種を超える高山植物が咲いていました。 

 Web_14 Web_16

 Web_10 Web_9

         Web_2                                                               

                                                           

                                                          

ライチョウの親子(8月10日11時46分 小蓮華山頂の登山道わき)                                                  

 Web_11 Web_12                                                                                               

   母親のライチョウ       子供のライチョウ

少し曇った後に、4羽の子供を連れた母ライチョウが、小さな草の

実をついばみに姿を現しました。母は少し警戒しているようでした

が、子供のほうは、ほとんど警戒心は感じられません。

ひとしきり、散歩が済むと、5羽のライチョウはハイマツの向こう

に姿を消していきました。

            

左中景は五竜岳と唐松岳 中央遠景は穂高・槍ヶ岳 右近景は白馬鑓ガ岳

    Web_goryuu 

ニッコウキスゲ花盛り 雨の霧ヶ峰

車を駆って霧ヶ峰に行きました。

  Photo_89    Photo_82     

車山肩の駐車場 午前9時20分着。

トウモロコシを売る人の話では、今年のニッコウキスゲの開花は遅めで今が花盛り、とか。

曇り空。小雨。ときおり強く降る。

蝶々深山-物見石-八島湿原-旧御射山-沢渡を周回。

標準コースタイムは3時間。私は、写真を撮りながら、泥濘に足を取られながらで約4時間。

雨に濡れながら歩くと、決まって、ちょっとやけっぱちな気分になるのはどうしてだろう。

そして、決まって、その気分が、楽しいのはどうしてだろう。

霧ヶ峰は今が花盛り。

ハクサンフウロ・キンバイソウ・キバナノヤマオダマキ・ウツボグサ・ワレモコウ・ミヤマシシウド・ニガナ など。

 Photo_83    Photo_84 

 Photo_85  2_2  Photo_86

 Photo_87   Photo_88

伊吹山 霧ときどき晴れ

Web_57

午前10時半には、山頂付近の霧が去って、青空が顔を出しました。

足もとには、ちらほらと野草が咲いています。

でも、見頃には、あと10日ほどかかるもよう。

山頂の気温20度。風速5~6m。霧ときどき晴れ。霧の視界10m。

 Web_58  Photo_78  

    イブキトラノオ         ニッコウキスゲ

 Web_60    Web_61

    シモツケソウ            タカネシュロソウ